■報告:指導者講習会

指導者講習会開催

理事長 中村 槐二

平成20年度当連盟行事の締めくくりである恒例の指導者講習会が3月15日(日)に外は春の日差しがあるとはいえ、底冷えのなか大森高校体育館にて講師荒川春男先生、島村照男先生と補助講師に三田、瀧澤、岡本、鎌田の各先生を迎え西岡会長の挨拶に続き開催されました。
受講生70余名にて荒川講師による日本剣道形、木刀による剣道基本技稽古法が行われ細部まで、親切丁寧に刀法、心身法、呼吸法等を手とり足とりの指導を受けました。
木刀による剣道基本技稽古法は補助講師の先生方により基本1から9及び左右面の実技、解説を適切な指導の下に行われ、各人錬度の差は有れ正しく習得された様子でした。
午後は島村講師に依る審判法、指導法を2試合場に分けて春季大会に向け技能向上を重点に行われました。
年二回の講習も回を重ね皆一様に高度な技能習得をされているようでした。
島村講師も元会長工藤一範士より伝授された教えを基に指導され、教えるのも勉強、教わるのも勉強の感を強くしました。
その後、参加者全員にて稽古を行い、寒さを吹き飛ばし、汗を流しつつ更なる向上意欲を旨に散会しました。
以上

Comments are closed.