●報告「第10回田園調布支部・少年少女剣道大会」

剣心会  太田 克也

令和元年12月15日(日)午後1時40分から馬込文化センター体育室にて第10回田園調布支部・少年少女剣道大会が行われた。
各団体の準備運動が終了し、開会式が始まり、大久保先生による開会の言葉、田園調布支部長・早野先生挨拶、審判長・久保田先生による試合上の諸注意があり、剣心会・竹田信一選手による選手宣誓が行われた。

試合に先立って、打太刀は六段・角山弘嘉先生(剣心会)、仕太刀が四段・太田克也先生(剣心会)による日本剣道形の演武の披露があり、2会場で試合が開始された。
白熱した試合が多く準決勝まで終了し、第1試合場で決勝戦を行った。

【試合の入賞者】

○二級以上の部

優 勝:鈴木海斗(小池剣)/準優勝:深津聡太(洗足)


○三 級 の 部

優 勝:石崎太一(小池剣)/準優勝:野口航真(剣心会)
第三位:廣瀨新大(剣心会)/第三位:山岡 歩(雪谷少)


○四 級 の 部

優 勝:杉田一翔(馬青剣)/準優勝:門奈悠隼(小池剣)
第三位:田中心彩(剣心会)/第三位:上本峻一郎(馬青剣)


○五 級 の 部

優 勝:内田悠太(小池剣)/準優勝:小泉壮平(雪谷少)
第三位:野元 翼(小池剣)/第三位:小野鉄太郎(小池剣)


○六 級 の 部

優 勝:芝田陽向(小池剣)/準優勝:上本心音(馬青剣)
第三位:芦澤兼大郎(小池剣)/第三位:野口遥矢(剣心会)


試合終了後、久保田先生の指導で五・六級、三・四級、二級以上の3グループに分けた回り稽古をして閉会式を行った。メダルと賞状の授与の後、講評は川名先生、閉会の言葉を須藤先生で大会を終了した。

続けて支部役員と実行委員による運営と審判の反省会を行った。審判は四、五段が行ったが、所作や試合進行は向上しており概ね問題なかったが、有効打突の見極めに課題があったケースが見られた。審判技術の向上のためには試合終了後に審判主任が指摘し改善を促すことが有効であるとの意見集約がなされた。また審判講習会への積極的な参加や各道場内での試合稽古での審判経験の積み重ねが必要との意見があった。

運営全体としては、10回目の開催とのことで準備、審判、運営などが充実してきており、皆様のご尽力に感謝します。また少年少女剣道大会の趣旨(仲間を応援する心「One Team」を育む)から指導者・保護者も含め熱い声援による応援を促したことで大変盛り上がった大会となりました。
12月の多忙な時期での大会でしたが、各団体のご協力により多くの小学生の参加で開催できました。そして大変寒い中、試合中はもちろん試合以外の場面での少年少女の剣士たちの剣道大会を通じた成長にご配慮をいただき心よりお礼申し上げます。
大会実行委員をはじめ関係の諸先生がたや保護者の皆様、お疲れ様でした。

Comments are closed.