●報告「令和元年度都民生涯スポーツ大会・剣道」

~嬉し悲しい三位入賞~

報告者:キヤノン 高岡 翼

令和元年9月8日(日)、東京武道館にて開催された「都民生涯スポーツ大会・剣道」について、ご報告申し上げます。

<結果>
優 勝:日野市
第二位:八王子市
第三位:葛飾区、大田区

<出場選手等>(カッコ内は所属団体)
監督:鎌田 幹雄(矢口剣志会)
先鋒:高岡翼(キヤノン)
中堅:醍醐和絵(キヤノン)
大将:長縄香(池上少年剣友会)

<スコア>
=予選リーグ=
・大田区 (0)0 - 0(0) 青梅市
・大田区 (3)2 - 0(0) 江東区
・青梅市 (2)2 - 0(0) 江東区
※取得本数差で予選リーグ突破

=決勝トーナメント=
・1回戦:大田区 (2)1 - 0(0) 東久留米市
・2回戦:大田区 (3)3 - 0(0) 中野区
・準決勝:大田区 (1)0 - 2(3) 日野市

メンバーは、高岡翼(キヤノン)、醍醐和絵(キヤノン)、長縄香(池上少年剣友会)。昨年とメンバーが大きく入れ替わりました。

予選リーグ1試合目は強豪の青梅市でした。相手の先鋒と中堅がポイントゲッターでしたが、大田区も必死に食らいつき、2人とも引き分けて大将に繋ぎます。大将は自分のペースに運ぶも決めてに欠け、全員引き分けで終わりました。
次の江東区から少しでも多くの本数を取らなければ予選を通過できない状況でしたが、簡単には勝てない相手で、2勝1分け本数3と微妙なスコアになりました。結果的に青梅市と江東区は2勝1分け本数2で、ギリギリ予選を通過することができました。
拾った命を無駄にしては青梅市に顔向けできないと、本戦ではさらに強固なチームワークを発揮。決して無理はせず、取れる所で勝負に出ることを徹底した結果、準決勝まで駒を進めることができました。
準決勝は昨年優勝の日野市。先鋒は何とか相手の技をかわしながら得意技を出そうと試みるも、実力が及ばず二本負け。中堅は先取されるも果敢に攻め込んで面を取り返したが、最後は攻め誘って出させた相手の技を返し切れず敗れました。ここでチームは負けが決まりましたが、大将は最後まで堂々と戦ってくれました。
今回初めて生涯スポーツ大会に出場させて頂きましたが、想像以上にレベルの高い大会でした。もし個人戦だったら、雰囲気に呑まれないようにするだけでも大変だったと思います。選手が決まってから当日まで、練習試合や合同稽古を設定して頂き、チームワークを高められたお陰で、3位入賞という結果が出せました。サポートしてくださった連盟の皆様に感謝いたします。

以上

Comments are closed.