●報告:「平成30年度都民生涯スポーツ大会」の結果

川上由紀子(矢口剣志会)

■監督・選手

監督:鎌田 幹雄 先生(矢口剣志会)

先鋒:醍醐 和絵(キヤノン)

中堅:中村 はぎ乃(東競武道館)

大将:川上 由紀子(矢口剣志会)

※( )内、所属団体

■試合結果

【予選リーグ】

第1試合 (本数勝ち)大田区 1-1 足立区

第2試合   (勝ち)大田区 2-1 国分寺市

【準々決勝戦】

第3試合 (本数負け)大田区 1-1 新宿区

■試合を終えて・・・

大田区は四連覇を目指して大会に臨みましたが、今回はその目標に達することができませんでした。

試合前には東競武道館に伺い、滝澤明美先生、飯田通子先生にもアドバイスを頂戴したにも関わらず、結果が出せず申し訳なく思っています。

安定していた醍醐選手や、常に果敢に攻めていた中村選手と違い、敗因といたしましては、「私自身の実力不足、そして試合経験の少なさと、団体戦の大将としての役割をきっちりと果たせずにいたことだな。」と、痛感しております。今後の稽古につなげてまいりたいと思っております。

来年は心機一転、また優勝目指してくれることと信じています!

日ごろからご指導下さる先生方、仲間の皆様、そして当日応援に駆けつけてくださった大田区の皆様 どうもありがとうございました。

今後ともどうぞご指導のほどよろしくお願い申し上げます。

Comments are closed.