●報告:第66回全国青年剣道大会(女子の部)

[メンバー]

団体戦

先鋒:田村 祥子(仲六少年剣友会)
中堅:佐野 京子(南蒲剣友会)
大将:川名 絵弓(小池自治会剣道部)
補欠:足立 麻子(馬込剣友会)
監督:鎌田 幹雄(矢口剣志会)

個人戦:

田村 祥子(仲六少年剣友会)
佐野 京子(南蒲剣友会)
川名 絵弓(小池自治会剣道部)
足立 麻子(馬込剣友会)
三森 望美(羽田少年剣道クラブ)

[試合結果]

■団体戦:準優勝

■個人戦:第三位 田村 祥子

敢闘賞(ベスト8) 佐野 京子

●「佐野 京子」選手の団体戦報告

平成29年11月11日(土)、12日(日)東京武道館にて全国青年剣道大会が開催されました。本大会には、9月3日(日)に行われた東京都青年大会で優勝し、東京都第1代表として出場しました。団体戦は東京都大会で大活躍したエース三森選手が参加できず、メンバーを代えて臨みましたが「準優勝」という結果を残すことができました。

■1回戦:本数勝 大田区 (2)1-1(1)  愛知県第2代表(豊田市)

先鋒・田村選手は序盤から怒涛の攻めを見せましたが、相手選手は翌日の個人戦で優勝する強敵。中盤危うい場面もありましたが、粘りの引き分けで中堅へ繋ぎました。
中堅・佐野は序盤から相手に攻められがちな展開を見せてしまいましたが、延長戦に持ち込みました。しかし、相手の攻めをかわすも技の尽きたところを面を取られ一本負けとなりました。
大将・川名選手は、後がない中でも安定感のある攻めをみせ出小手を先取しました。その直後に相面を決め、堂々の二本勝ち。本数差で勝利し準決勝へとコマを進めることができました。

■準決勝:本数勝 大田区 1(3)-(2)1  茨城県(小美玉市剣道連盟)

先鋒・田村選手は得意の出小手を積極的に狙い、惜しい技を繰り出しますが決めきれず引き分け。中堅へと繋ぎます。
中堅・佐野は終盤で面を取られてしまいました。残り時間が少ない中でしたが、これはまずいと思い、決死の返し胴を決め、何とか一本取り返すことができました。その後、攻めに行きましたが、相面を取られてしまい、一敗で大将へ繋ぐこととなりました。
大将・川名選手は変わらずに、安定した試合運びで相手を翻弄します。中盤で、相手の起こりを捉えた鋭い突きを決め、一堂喝采。相手選手が取り返そうと積極的に攻めてきたところを、試合終了の笛とともに川名選手が相面を決め、またも喝采が起きました。二本勝ちで逆転勝利となり、決勝へ導きました。

■決勝 大田区 (2)1-2(2) 愛知県第1代表(大同特殊鋼(株))

先鋒・田村選手は積極的に攻めますが、決勝の相手は初戦で去年優勝の熊本代表を下したチームです。一筋縄ではいかず、延長戦にもつれ込みますが、出鼻面を取られ一敗を喫します。
中堅・佐野は何としてでも大将に繋げようと試合に臨みます。一本決めたいと攻めますが、うまくさばかれ決定打を得られませんでした。延長戦に入ると相手が攻めの姿勢へと転換し、試合終了を目前に面を取られてしまい、大将を前に敗退が確定となりました。
勝負はついていたものの、川名選手は見事な出小手を二本決め、大将としての貫録を示して終わることができました。

初日の団体戦は、準優勝という結果を持ち帰ることができ、二日目の個人戦では、田村選手が三位入賞を果たしました。とても嬉しい結果ですが、あと一歩で団体優勝を逃したという悔しい思いもあります。私自身、あと少し粘ることができていれば、という気持ちでいっぱいですが、今後の稽古の糧にしたいと思っています。
最後になりましたが、鎌田先生はじめ、日頃よりご指導頂いている先生方、先輩方、応援に来て下さった方々、心から感謝申し上げます。今後ともご指導の程、宜しくお願い致します。

Comments are closed.