●報告:池上支部級審査会

平成26年池上支部級審査会

池上少年剣友会  宮澤 秀幸

9月14日(日)午前10時から、大田区立大森第4中学校において、池上支部級審査会(2級~6級)が実施されました。当日は晴天で蒸し暑い1日でしたが、体育館の中はさらに少年少女剣士の熱気で溢れておりました。
鎌田池上支部長の挨拶で審査会を開始しました。鎌田支部長からは大きな声を出して、元気よく日頃の稽古の成果を発揮して下さいとのお話がありました。

6級から審査が始まりましたが、5級、4級、3級、2級と級位が上がるにしたがって、立会いの内容も素晴らしくなってきており、稽古を積み重ねた成果が表れている事を強く実感しました。立合いの所作については、普段の稽古であまり実施していないためか、戸惑う剣士も何人か見受けられました。支部大会や大田区剣道大会等の試合に参加する剣士も大勢居ると思いますので、立会いの所作についても、各剣友会での普段の稽古の中でご指導して頂ければと思います。
3級、2級審査では、木刀による剣道基本技稽古法がありました。この審査は、全員素晴らしい出来栄えで、普段から熱心に稽古されていると感じました。今回の審査では、残念ながら全員合格とはなりませんでしたが、受審された方はそれぞれに自分の力を発揮できたのではないでしょうか。

最後に審査委員長の上野先生から講評がありました。上野先生からは、木刀による剣道基本技稽古法の出来が素晴らしいとお褒めの言葉を頂きました。又、このような審査会では、普段の実力以上のものは出ないので、普段からしっかりと稽古をする事が大切ですとの言葉を頂きました。今回、目出度く合格された方も、残念ながら不合格となった方も、本日の結果を受け止めて、今後の稽古に生かして下さいとの事でした。
付き添いの保護者・指導者の皆様、審査員および係の先生方、大変お疲れ様でした。今後も引き続き、子供たちが立派な剣士になれるよう御指導の程よろしくお願い致します。

Comments are closed.