●報告:「第14回東京都形剣道大会」の報告について

池田摩梨子(東競武道館)
【出場選手】
六・七段の部:
打太刀  関谷 寛人(東競武道館)
仕太刀  五十嵐 清裕(小池自治会剣道部)
四・五段の部:
打太刀  笠原 梓司(東競武道館)
仕太刀  近藤 卓(剣心会)
三段以下の部:
打太刀  池田 摩梨子(東競武道館)
仕太刀  大山 紗慧(東競武道館)
※敬称略、( )内は所属団体
【試合結果】
六・七段の部:初戦敗退 大田 1-2 北
四・五段の部:初戦敗退 大田 1-2 西東京A
※敢闘賞受賞
三段以下の部:初戦敗退 警視庁 3-0 大田
【報 告】
この度、第14回東京都形剣道大会、三段以下の部に初めて出場させて頂きました。
剣道の試合は小学生の頃に経験して以来、一度も出場したことがありませんでしたが、現在は居合道で演武形式の試合によく参加していることや、もともと武道の形というものに強く関心があったため、以前よりこの大会に興味を持っておりました。そのため、お話を頂いた時には「ぜひ」と思い、出場させて頂きました。
稽古上で苦労をしたことは、試合に向けての演武を三段以下という未熟な者同士が二人で工夫して作り上げていくという部分でした。
豊村東盛先生のご指導をはじめ、道場の先生方、先輩方に指摘頂いたことをどのようにしたら身につけることができるか、なぜタイミングが合わないのか、表現はどのようにしたら良いのか、数か月という短い期間ではありましたが、仕太刀の大山さんと二人で相談し、勉強し、そしてまた指導頂くことを繰り返しました。
相談、協力しながら行う稽古は不慣れなこともあり、大変ではありましたが、同時に、今回最も面白く感じた部分でもありました。
最初はガタガタ、バラバラの私達でしたが、周囲の方に「良くなった」と言って頂くことが嬉しく、大会前には「自信を持って出場してこよう」という気持ちにまで整えることができました。
形大会は、仕太刀・打太刀のペアが2組ずつ同時に演武し、判定により勝敗を決めるという試合方式です。先輩方から「形大会の雰囲気は独特の静けさや緊張感がある」と伺っておりましたが、居合道の試合形式に近いため、私はむしろ慣れ親しんだ感覚を覚えました。
私達の結果は、初戦で警視庁ペアと対戦。警視庁は本形大会において、各部門それぞれ1度ずつしか優勝を逃したことがなく、三段以下の部についても第3回大会以降11連覇という、参加者にとっては目指すべき大きな目標、そして壁である相手との試合。0-3で敗退いたしました。
「まさか初戦で警視庁と試合なんて」という苦笑してしまうような思いも、組み合わせを聞いた瞬間は感じました。しかし、どのような相手であっても、のびのびと自分達らしく最大限を発揮することが一番だという気持ちを、改めて持つことができました。敗退はいたしましたが、落ち着いて稽古の成果を出し切ることができたのではないかと思います。
自分達の試合と近かったために、六・七段の部出場の五十嵐先生、関谷先生の試合(大田1-2北・敢闘賞)は拝見・応援することができませんでしたが、四・五段の部の近藤さん、笠原さんの試合(大田1-2西東京A)を応援することができました。
お二人の形は道場での稽古を拝見したときからすごいなと感じておりましたが、試合での演武はそれ以上でした。広い会場の中でも目を引かれる迫力、切れがあり、気迫溢れる素晴らしい形で、三段である自分にとっても引き込まれるものがありました。
対戦相手である西東京Aは、女性2二人のペアで、動きの正確さや振りの冴え、流れの美しさを感じました。結果は主審が大田区に、副審2人が西東京Aに旗を揚げ、惜しくも初戦敗退されました。
しかし惜敗されたこの先輩お二人が、優秀試合賞である敢闘賞を受賞されたことは、本当に嬉しいことであり、同じ大田区として出場させて頂き誇りに感じます。
なお、この対戦相手であった西東京Aは決勝まで進み、準優勝をされています。
全体の大会結果としては、今回も警視庁が全部門を優勝し総合優勝(三段以下12連覇四・五段5連覇、六・七段7連覇)、六・七段の部において、昨年準優勝した練馬が今回も同じく準優勝、また、四・五段の部の西東京Aをはじめ、複数の西東京ペアがそれぞれ上位に入っております。
大会を最後まで拝見し、形試合としての正確性の大事さ、体のブレのなさによる安定感、木刀の振りの冴えによる緊張感等、多くを学ぶことができました。
この度、優勝した組みと初戦で当たって敗退し、また間近で先輩方、先生方の稽古を拝見できたことにより、また機会があれば出場してみたいという意欲に繋がりました。その気持ちを継続させ、今後も自身の稽古に活かしていきたいと思います。
このような貴重な経験をさせて頂きましたこと、ご指導頂きました豊村先生、大田区の岡本先生、アドバイス頂きました道場の先生方、応援頂いた先輩方、大学の部活動をしながら一所懸命に時間を合わせて一緒に稽古をしてくれた仕太刀の大山さんに、心より感謝申し上げます

●報告:第66回全日本剣道選手権大会「少年剣道指導・木刀による剣道基本技稽古法」公開演武

出場者
指導者 泉望美先生
補助員 上野公寛先生、齋藤禎久先生、高橋広幸先生
演武者
(小学2年生) 笠間 空、草壁若奈、時任 真
(小学3年生) 江田湊太朗、堀内壮眞
(小学4年生) 笠間海斗、久保武丸、高橋知華、宮川旺輔、山口真依
(小学5年生) 天内義護、上野紫埜、草壁柾人
(小学6年生) 高瀬蒼志、藤岡茉莉衣、前田雅姫、森長さくら
(中学1年生) 伊藤愛結、大熊惟吹、小谷野紗希、柳澤輝美
(中学2年生) 北嶋寛太郎、日景絢音、日景琴音、前川慶人、森長 稜、柳澤光留
(中学3年生) 江花祥太、小笠原巧
(高校1年生) 時任歩
演武の映像【https://www.youtube.com/watch?v=QQcysiAh7dc&feature=youtu.be】
※外部リンクです
・演武者「矢口剣志会 6年 森長さくら」さんの報告
平成30年11月3日、私は日本武道館で行われた全日本選手権で木刀による剣道基本技稽古法の演武をさせていただきました。

これは3月に行われる木刀の大会で優勝したら出来るもので、大田区Aチームは、見事2連覇を果たし、今回も貴重な経験をすることが出来ました。
今年は2回目でしたが、去年よりも合わせるのが大変でした。それは、去年より演武の人数が増え、小学2年生も演武に参加したからです。また、去年は矢口剣志会と東競武道館の選手でやりましたが、今年は大田区のたくさんの剣友会の選手と一緒に参加しました。そのため、練習では自分の剣友会の稽古などでなかなか全員そろった練習ができませんでした。しかし、来られない人も来ている人も、1回1回の練習をとても大切に取り組みました。
また、別の剣友会の方々が使われている体育館も使用させていただきました。
大岡先生、島村先生を中心とする稽古や、豊村先生による丁寧な稽古もいただきました。とても大変でしたが、どの先生方もより完璧に近づく指導をしてくださいました。
整列や行進の号令は、私が任されました。練習中何度も変更がありましたが、臨機応変に対応することが出来ました。私の変化した号令に対して、一緒に練習している仲間も対応してくれて、全員の団結力が高まったのを感じました。
そして迎えた本番。初めての子はもちろん、去年一度経験している子も試合ほどの緊張ではないでしょうが、やはり緊張していました。そんな緊張の中、無事、本番を終えることが出来ました。終わったとき、自然と笑みがこぼれました。それは、仲間も先生方もみんな一緒でした。完ぺきではなかったかもしれませんが、全員が自分の持っている全ての力を出し切り、去年以上の演武が出来たと思います。その後、全日本剣道連盟の網代常務理事から「素晴らしかった」という好評をいただきました。みんなとても嬉しそうでした。また、上から見ていた私の母が「練習以上のものができていた。」と言ってくれました。それを聞いてとても安心しました。
今回演武をするにあたって、お忙しい中、合間を縫って指導に来て下さった豊村先生、島村先生、大岡先生このような貴重な経験をさせて下さった全日本選手権大会に携わる皆さま、本当にありがとうございました。私達に練習の場を作ってくださった江尻会長、鎌田先生をはじめとする矢口剣志会の先生方、いつも私達にやる気を出させて下さった泉先生、そして私達を支えてくれた家族、励ましてくれた仲間にも感謝しています。
この貴重な経験とこの演武で学んだことを私達のこれからの剣道人生に活かしていきたいと思います。まずは、来年3月に行われる東京都少年剣道大会に大田区代表の選手として選ばれ、3連覇を果たしたいです。私達少年剣士はまだまだ未熟ですが、稽古でたくさんのことを学び、精進していきたいと思いますので、今後も熱のこもった指導をよろしくお願いします。

●報告:「平成30年度都民生涯スポーツ大会」の結果

川上由紀子(矢口剣志会)
■監督・選手
監督:鎌田 幹雄 先生(矢口剣志会)
先鋒:醍醐 和絵(キヤノン)
中堅:中村 はぎ乃(東競武道館)
大将:川上 由紀子(矢口剣志会)
※( )内、所属団体

■試合結果
【予選リーグ】
第1試合 (本数勝ち)大田区 1-1 足立区
第2試合   (勝ち)大田区 2-1 国分寺市
【準々決勝戦】
第3試合 (本数負け)大田区 1-1 新宿区
■試合を終えて・・・
大田区は四連覇を目指して大会に臨みましたが、今回はその目標に達することができませんでした。
試合前には東競武道館に伺い、滝澤明美先生、飯田通子先生にもアドバイスを頂戴したにも関わらず、結果が出せず申し訳なく思っています。
安定していた醍醐選手や、常に果敢に攻めていた中村選手と違い、敗因といたしましては、「私自身の実力不足、そして試合経験の少なさと、団体戦の大将としての役割をきっちりと果たせずにいたことだな。」と、痛感しております。今後の稽古につなげてまいりたいと思っております。
来年は心機一転、また優勝目指してくれることと信じています!
日ごろからご指導下さる先生方、仲間の皆様、そして当日応援に駆けつけてくださった大田区の皆様 どうもありがとうございました。
今後ともどうぞご指導のほどよろしくお願い申し上げます。