●報告:第13回東京都少年剣道大会

平成30年3月17日 於東競武道館
副理事長・対外試合担当
鎌田幹雄(矢口剣志会)
▼Aチーム出場選手の報告はここをクリックしてください。
▼Bチーム出場選手の報告はここをクリックしてください。
平成30年3月17日、東京武道館において第13回東京都少年剣道大会が行われました。この大会は先鋒小学4年生以下女子、次鋒同男子、五将小学5・6年生女子、中堅同男子、三将同男子または女子、副将中学生女子、大将中学生男子の7名による団体戦で、木刀による基本技稽古法の判定試合と一本勝負の試合の組み合わせで勝敗を決します。
東京都各区および西東京の各市の代表約50チームが出場し3チームによる一次リーグ、二次リーグ、決勝トーナメントと優勝まで6試合戦います。
我が大田区はAチームが昨年悲願の初優勝を成し遂げ、今年は連覇と大田区A・Bチームによる決勝戦を目標に、Aチーム監督(元立ち)には昨年の優勝監督三森望美先生、Bチームには足立陽介先生を要し大会に臨みました。
Aチームは一次リーグ、二次リーグを勝ち進み、江東区との準決勝戦では木刀は5-2で勝利し楽勝の気配漂う中、一本勝負の試合はなんと2-5で合計7-7の同点に持ち込まれ大将による代表者戦へ、大将の江花が10分にわたる試合で見事な小手を決め勝利。逆に緩んだ気持ちを引き締めてくれました。
足立区との決勝戦は実力をいかんなく発揮し見事に二連覇を達成することができました。
Bチームも惜しくも二次リーグで惜敗しましたが足立監督のもと見事に一次リーグを突破したことはうれしい限りです。
両監督の指導力と選手たちの頑張りはもちろんのこと、父兄の方々、仲間の応援が大変な力とになりました。また、常にバックアップしてくださった大田区剣道連盟、江尻会長をはじめ矢口剣志会の先生方、さらに大会出場にあたり何度も出稽古を受け入れて下さりお忙しい中ご指導いただきました豊村範士、瀧澤先生、遠藤先生をはじめとする東競武道館の先生方、大変ありがとうございました。感謝申し上げます。
来年に向け「我こそはこの大会に大田区代表選手として出場したい」と言う子どもたちは、是非各剣友会指導者を通して鎌田までご連絡ください。三連覇に向け動き出しています。
11月3日には、昨年に続いて全日本選手権において「木刀による基本技稽古法」の公開演武を行うことになります。
皆様今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

Aチーム監督・選手の報告
監督:三森 望美(羽田少年剣道クラブ)
今年は、二連覇・決勝は大田区A・Bで!という目標をもって試合に臨みました。結果として、二連覇を達成することができました。子供たちの頑張りと御指導いただきました先生方への感謝の気持ちでいっぱいです。
勝ち続けることは、本当に難しいことだと思います。それを成し遂げた子供たちは、とても逞しく見えましたし、先生方の毎日の御指導の賜物だと感じました。また、一緒に練習を重ね、当日も熱い声援を送ってくれたBチーム監督の足立先生・子供達、朝からつきっきりで選手の手助けをしてくれた森長兄弟の姿を見て学ぶことは沢山ありました。本当にありがとうございました。私自身、この基本稽古法の練習や元立ちの経験で学んだことを剣道に生かしていきます。今後とも御指導よろしくお願いします。先生方、子供たち、保護者の皆さん、本当におめでとうございました!
先鋒:上野 紫埜(矢口剣志会)
私は大田区代表Aチームの先鋒で出場させてもらいました。
木刀の試合では旗がわれてしまい、1本勝負の試合では勝てる相手に引き分けてしまいましたが、結果はゆうしょうできてすごくうれしかったです。
この試合でチームワークの大切さを学びました。
指導してくれた先生方、ありがとうございました。
次鋒:天内 義護(東競武道館)⇒優秀選手賞
教えてくれた先生、仲間、応援してくれた家族に感謝しています。
去年は木刀の稽古を始めてから3か月ぐらいで試合に出ました。今年は1年間、姿勢・声・タメ・気合・手首・引付けに気を付けて稽古しました。優秀選手賞を貰えたのはとてもうれしいです。豊村先生が「努力は不可能を可能にする」と言っていたのを思い出しました。
五将:小谷野 紗希
私は今回、Aチームの五将に選ばれました。二連覇達成がかかった試合で、とても緊張していました。
木刀では、前回足りなかった「気迫」をだすことを意識して、1本1本大事に振りました。どんどん勝ち進んでいくごとに、声も徐々に大きくなりました。準決勝では、一拍子ですばやくきれいに打つことができ、その瞬間回りから「オー」という声がひびき、とてもうれしかったです。決勝戦では、木刀も試合も負けてしまったけれど、チームのおかげで二連覇達成を成し遂げることができました。
二連覇することができたのは、私たちのために指導してくださった先生方、一緒にけい古をがんばってきた仲間、そして応えんをたくさんしてくださった保護者の方々のおかげです。ありがとうございました。
中堅:伊東 愛結(東競武道館)
僕は形でなかなか勝つ事ができず悔しかったです。でも準決勝で江花君が代表戦で勝ってくれたおかげで、決勝戦でもう一度戦う事が出来たので、絶対にこのチャンスを無駄には出来ない!という思いが込み上げ、ようやく形で勝つ事が出来ました。共に戦ったチームのみんな、一生懸命教えてくださった先生方に感謝をし、今回の貴重な経験を生かし、これからも努力したいです。
三将:時任 心(矢口剣志会)⇒優秀選手賞
私は、昨年に引き続き三将ででました。二連覇に向けてチーム一丸となり、全力で稽古し三森先生や足立先生など沢山の先生にご指導頂きました。
今回二連覇できた要因は、チームワークが良かったからだと思います。前で勝ってきたらその勝ちを守り、前で負けてきたら後ろで勝つというチームのかたちがありました。そして一人一人が自分の力を存分に発揮でき応援し合えました。
形も試合も昨年より高みを目指して稽古に励みました。
私の今回の試合の反省点は準決勝の時の一本試合で初太刀手元をあげたとろを小手を取られたことです。その試合で私は試合の準備や入り方、一本の大切さを痛感しました。
私は今回学んだことを常日頃、頭に入れて稽古に取り組み来年も出場し三連覇できるようにしたいと思います。
優勝を守るのではなく三連覇に挑む挑戦者の気持ちで稽古に励みたいと思います。
日頃ご指導頂いている先生方、私たちを応援してくださっている家族の方々本当にありがとうございました。今後ともよろしくお願いします。
副将:後藤 瑠香(東競武道館)
今回は大田区Aチームとして大会に臨みました。
個人としては良い流れをつなぐ事ができなかったのが心残りですが、チーム一丸となり優勝という結果を出すことができました。これからも今回の経験を稽古や試合に生かしていきたいと思います。
最後に、ご指導してくださった先生方、応援してくださった保護者の皆様、本当にありがとうございました。
大将:江花 祥太(矢口剣志会)
今回は去年に引き続きAチーム大将としてこの大会に出場させていただきました。
去年の優勝により優勝旗•優勝杯返還をしましたが、返すというよりは預けるつもりで臨みました。チームとして序盤は団体戦の試合運びに少し不安がありましたが、試合をする度に次に繋げようとする意識がうまれチームとしての一体感が出ていき勝ちに繋がる試合ができました。個人としては最初のうちは動きが固くなり自分の思うような試合ができなかったのですが、後半はなんとか力を出しきり大将としての役割を果たすことが出来たと思います。この大会の優勝で満足することなく自分の課題を克服し次に向けての糧にしたいと思います。
最後にご指導ご協力していただいた先生方や保護者の皆様、そして支えあった仲間に感謝いたします。
↑Aチーム報告の先頭に戻る/↑ページの先頭に戻る

Bチーム監督・選手の報告
監督:足立 陽介(鵜の木剣友会)
年明けからご指導頂きました先生方、誠にありがとうございました。一次リーグで2勝を挙げる事ができた事に加え、私自身の大きな経験になりました。
この経験から学んだ事を、自らの剣道と所属道場での指導に生かせる様にしていきたいと思います。
先鋒:山口 真依(馬込剣友会)
昨年、全日本選手権の試合を見に行った時大田区代表の演武をみて「私もいつか代表になりたい」と思いました。そんな時、鎌田先生から練習に来るようにとお話をいただき「チャンス到来」と思い、毎週けいこに通わせていただきました。
今までやっていたけいことは違って、時間も長く休けいがなく、内容もハードでしたが、自分の剣道やけいこに対する心構えが変わりました。
試合当日は、強い選手たちと対戦できるワクワク感。勝ったときは、体がふるえるほどうれしかったです。
「大田」のゼッケンをつけて過ごした1日は最高でした。
このようなチャンスを与えていただき、ご指導くださった先生方や新しい仲間たちに感謝です。これからも上を目指して頑張ります。
次鋒:笠間 海斗(矢口剣志会)
ぼくは色々なチームとやって楽しかったです。でも4試合中3回かったけれど1試合だけ負けたのが悔しかったです。来年もしも出れたら今度は優勝したいです。
楽しかったです。
五将:柳澤 輝美(矢口剣志会)
私はBチームの五将に出場させていただきました。
木刀は二勝二敗と言う結果になりました。初めて選手になり、二回勝てたのは、教えてくれた先生のおかげと言うのもあります。
チームワークとして勝てたのは応援してくれたたくさんの方のおかげだと感謝しています。
中堅:大熊 惟吹(新宿剣友会)
緊張したけれど、先生や熱い仲間に支えられ、絶対勝ちたい思いで頑張りました。
三将:渡邉 鳳真(矢口剣志会)⇒優秀選手賞
僕はこの大会に4年生から3回続けて出場しました。初めて出た時チームは3位でしたが個人成績は木刀5試合中1試合しか勝てませんでした。今回の試合では木刀4試合すべて勝利できました。左足の引き付けを早くすること、振りが二拍子にならないように特に気をつけました。これからもキレのある打ちができるように頑張ります。
ご指導いただいた、豊村先生、足立先生、矢口の先生方ありがとうございました。これからも感謝の気持ちを忘れずに頑張ります。
副将:柳澤 光留(矢口剣志会)
私は、今回の大会で初めてBチームとして出場させていただきました。
全体的にチームのまとまりが無くて「もっと声を出して」とか「動いて」と誰かが言わないとやらなかったので、正直すぐにやられてしまうのではと思っていました。
しかし、色々とサポートしてくださった先生、応援してくださった父母の方々のためにも(木刀・試合)勝とうと思いました。
木刀では3勝1敗、試合では2勝2敗とあまり良い成績が残せませんでした。
来年出場できるかはわかりませんが、この悔しい心をばねに日々練習にはげんでいきたいと思います。
大将:小笠原 巧(矢口剣志会)
今回はBチームの大将として出場させていただきました。
正直大会当日まであまり自信がありませんでした。それでも、先生方や保護者の方々、そしてチームメートの支えもあって頑張ることができました。結果としては目標だった「Aチームに勝って優勝する」と言うことはできませんでしたが、最後の試合ではチーム一丸となって戦うことができとても良い試合だったと思います。
最後になりますが、ご指導いただいた先生方、応援してくださった保護者の皆様、そして一緒に戦ってくれたチームメートのみんな、ありがとうございました。
↑Bチーム報告の先頭に戻る/↑ページの先頭に戻る

●報告:第66回東京都剣道大会

平成30年1月13日(祝・月) 於:東京武道館
平成30年1月12日(祝・月)東京武道館にて、第66回東京都剣道大会が開催されました。
この大会は、警察、法務、消防庁、学連、東京都の各市区代表が参加する7人制団体戦の大会です。
今回、大田区は2チーム(A・B)で出場しました。
Aチーム・青木選手、Bチーム・稲垣選手の対戦内容等の報告はここをクリックしてください。
Aチーム
【出場選手】
監督:荻津 太(東競武道館)
先鋒:岩橋 涼太(修剣会)
次鋒:佐野 貴紀(南浦剣友会)
五将:青木 康和(大田区役所)報告者
中堅:山城 暁(修剣会)
三将:松本 卓也(矢口剣志会)
副将:坂田 和也(修剣会)
大将:日景  俊(矢口剣志会)
補欠:石川 格靖(修剣会)
【試合結果】二回戦敗退
一回戦 大田区(11)5 - 0( 3)葛飾区
二回戦 大田区( 3)1 - 6(12)西東京A
Bチーム
【出場選手】
監督:鎌田 幹雄(矢口剣志会)
先鋒:野口 雅之(小池自治会剣道部)
次鋒:加藤 直樹(鵜の木剣友会)
五将:福田 竜児(東競武道館)
中堅:稲垣 正己(キャノン)報告者
三将:足立 陽介(鵜の木剣友会)
副将:渕 武蔵(鵜の木剣友会)
大将:平松 規正(小池自治会剣道部)
【試合結果】三回戦敗退(ベスト16進出)
一回戦 大田区(6)3 - 1( 2)世田谷区
二回戦 大田区(7)4 - 3( 6)江戸川区
三回戦 大田区(0)0 - 6(11)皇宮警察

●第66回東京都剣道大会 詳細報告
平成30年1月13日(祝・月) 於:東京武道館
Aチーム・青木選手(五将)の報告
【対戦内容】
[一回戦:対葛飾区]
先鋒の岩橋選手は初太刀を取られたも、二本取り返し初戦の勢いを作りました。次鋒の佐野選手も小手を取り、その後取り返されるも、攻め込んで来る相手にさらに小手を取り勝利。五将、中堅と、冷静に試合を進め二本勝ちをし、初戦突破を決定付けました。
三将の松本選手は背の高いパワーのある上段に果敢に攻め込みましたが、有効打突には至らず引き分け。副将の坂田選手は連続技で面を取った後、相手の出ばなを小手で取り二本勝ち。大将の日景選手は、攻め続ける相手に一本取られるも、その後相面で取り返し、引き分けとなりました。
[二回戦:対西東京A]
先鋒・岩橋選手が一本目を取られるも、相手が守りに入った隙を付き、面を取り返します。しかし、相手もすぐさま技を仕掛け、面を取られて惜敗。次鋒の佐野選手もパワーとスピードがある相手に小手を二本取られて敗退。五将の青木選手は、引き面で一本を先取するも、不意に出たところを面で乗られてしまいます。しかし、最後は出ばな面にて勝利。
五将に続けと中堅、三将も果敢に攻め込みましたが、相手チームの勢いを止める事が出来ずに敗退し、チームとしての敗戦が決定しました。
その後、副将の坂田選手は慎重に攻め込みましたが、小手を取られ一本負け。大将の日景選手も相手チームの勢いのまま流れを変える事が出来ず試合終了となりました。
【試合を終えての感想】
本大会は警視庁のトップクラスの選手や、各実業団、大学など各所で活躍されている一流の選手が多く出場するハイレベルな大会です。
試合後に荻津監督からは「試合に対する準備が足りない」とご指導頂き、試合に対する心構えをもう一度見直す必要がある事を実感致しました。
また、この試合に参加させて頂き、他の選手と比べても攻めの組み立て方や相手の崩し方など、自分に足らない部分、勉強しなければならない事が多々ありました。
今回頂いたアドバイスや、他の選手のいいところなどを学び、今後の稽古に生かしていきたいと思います。
最後になりますが、チームをまとめ、的確なアドバイスを頂いた荻津監督、日ごろから稽古でご指導頂きました先生方、当日朝早くから竹刀計量や応援、会場の補助役員を行っていただいた皆様、本当にありがとうございました。今回の試合の反省を生かし、今後とも稽古に励んでいきたいと思います。今後ともご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。
Bチーム・稲垣選手(中堅)の報告
【対戦内容】
[一回戦:対世田谷区]
試合前、鎌田監督から「相手より早く構えつくって、攻める」と激励をいただきました。全員がその意識をもって試合をし、先鋒・中堅のリードを守って勝利しました。
先鋒の野口選手が監督の期待通りに試合を進め、2本勝ちして、良い流れを作りました。次鋒、五将は相手の鋭い攻めに押されながらも試合を作り、リードを維持しました。中堅の稲垣選手が我慢の試合の中、二本勝ちでリードを広げ、三将が必死に引き分け、副将の渕選手が相手の猛攻の中、相面を決め一本勝ちし、勝利を決めました。
最後、大将の平松選手が引き分けて試合を締めくくりました。
[二回戦:対江戸川区]
鎌田監督から「一回戦はつなぐ意識で流れの良い試合ができていた。」と講評がありました。一回戦の良いイメージで試合を先行し、前四人で勝利を決めました。
先鋒の野口選手が、一回戦の勢いのまま試合を有利に進め、相手がひるんだ瞬間に引き面を決め一本勝ちで勝利しました。次鋒の加藤選手は先鋒の勢いを引き継ぎ、相面を決め、一本勝ち、続く、五将の福田選手は相手の気迫を制し、的確にスキをとらえ、引き面を二本決めました。中堅の稲垣選手が試合を決めると気迫こもった試合をし、二本勝ちしてチームの勝利を確定させました。
勝利を決定付けた後の三将・副将・大将戦は相手の意地を見せつけられました。
[三回戦:対皇宮警察]
試合前に大将の平松選手から「今日は勝ちに来た」と檄がはいり、勝負の気持ちで試合に臨みました。実力者相手に善戦したものの一歩及びませんでした。
先鋒の野口選手が果敢に勝負に挑むも、鋭く、早い面を取られ、二本負け。次鋒の加藤選手が猛攻をしのぎながら一本狙うも、終盤に銅を抜かれ、一本負けしました。
五将の福田選手は互角の試合を展開しましたが、取り返すことができず引き分け。中堅以降は果敢に勝負に挑んだものの、実力差を感じる結果となりました。
【試合を終えての感想】
昨年同大会で警視庁Bに惨敗してから1年間稽古し、一・二回戦で強くなっていると実感しました。一方、皇宮警察と戦い、上位者との差が詰まっていないことに悔しさを感じました。
試合後、大将の平松選手から「もっと悔しがれ」とコメントがありましたが、この悔しさを忘れずに、昨年1年を超える成長につなげたいと思いました。
最後に、監督、応援に駆けつけてくださいました皆様、竹刀計量など選手のフォローをしていただきました皆様、会場で補助員をしてくださいました皆様、今まで稽古をつけてくださいました皆様に、感謝申し上げます。ありがとうございました。
↑詳細報告の先頭に戻る/↑ページの先頭に戻る

●報告:第13回東京都形剣道大会

平成30年1月13日(土) 於東京武道館
【出場選手】
三段以下の部:
打太刀 杉山 ゆう子(池上少年剣友会)
仕太刀 杉山 和花(池上少年剣友会)
四・五段の部:
打太刀 笠原 梓司(東競武道館)
仕太刀 近藤 卓(剣心会)
六・七段の部:
打太刀 荻津 麦子(東競武道館)
仕太刀 中村 はぎ乃(東競武道館)
【試合結果】
三段以下の部:一回戦敗退
四・五段の部:二回戦敗退
六・七段の部:二回戦敗退(一回戦シード)
【試合形式】
○三段以下の部
準々決勝までは太刀五本(一本目、三本目、四本目、六本目、七本目)、
準決勝からは太刀七本を実施
○四・五段の部及び六・七段の部
二回戦までは太刀五本(一本目、三本目、四本目、六本目、七本目)、
準々決勝から太刀五本、小太刀三本、
準決勝からは太刀七本、小太刀三本を実施

四・五段の部「近藤 卓」選手の報告

冬晴れの朝、冷たい空気が緊張した私の身をさらに引き締めます。
大田区代表としての責任を背に、一つでも勝ち上がるという意気込みを胸に東京武道館に向かいました。9時に開場した後に手早く着替え、代表ペア各々が着装の確認や間合いのチェックなどの最終調整を行い、試合に備えます。
10時開会ですが、公開演武(法定・五行之形・剣道形)があり試合開始は10時45分からとなりました。

~試合感想~
○三段以下の部(一回戦:西東京C)
惜しくも初戦敗退となりましたが、相手との差が大きいというわけではなく、
僅差だったと感じました。所作や太刀の鋭さは相手に若干分があったように思われます。まだまだ伸び代があるので、今後に期待できます。
○四・五段の部(一回戦:西東京C、二回戦:警視庁)
私たちは初っ端の第一試合でした。
一回戦の相手は西東京C、西東京の形大会で第三位入賞のペアです。形の試合は勝敗の実感がありません。打った、打たれたということではなく、形をやりきった後の判定。試合中は当然相手の形は見ることはできません。後でビデオを確認すると、わずかながら相手を上回っての勝利でしたが、一つのミスが命取りとなり得ると感じました。
二回戦は王者警視庁、全てのレベルが別格です。合気、形の見せ方、太刀の鋭さ、残心のとり方が違います。完全に力負けです。もう少し肉薄できるかと思っていましたが、その甘い考えを払拭することが次へのスタートです。
○六・七段の部(一回戦シード、二回戦:西東京A)
非常にレベルの高い試合でした。大田区チームは会場に轟く気合にも関わらず、泰然とした形を打ち、私は勝利を確信していました。しかし、無念にも相手方の旗が三本。どこで勝敗が分かれたのかはわかりません。
二回戦のため太刀五本での試合です。巧者同士ですと五本だけでは差がつきにくく、判定が非常に困難になることが推測されます。勝負の分かれ目が明確ではないというのは形試合の性質上、仕方のないことではありますが、非常に悔しい一戦でした。

~試合を終えて~
大田区は全チーム、早々と姿を消しました。試合を最後まで見ていましたが、決勝の舞台は決して遠いものではなく、形の稽古を着実に積み上げていけば届くものだと確信しました。
さて、ここ数ヶ月はひたすら形の稽古に明け暮れました。課題は山積、ゴールが見えなくて気落ちすることもありましたが、考えても何も始まりません。
ひらすら打太刀、仕太刀で合気になるよう、気持ちを切らさぬよう、稽古を積み重ねてきました。その結果として、まだまだではありますが、曲がりなりにもある程度の形にはなったかと思います。
形の稽古を重ねて実感したのは、どの先生もおっしゃっていますが、形は本当に奥深く、竹刀剣道に直結するということです。呼吸法、構え、足運び、刃筋、間合い、打突などを今後の剣道に活かせるようにこれからも精進を重ねていきます。
末筆ではございますが、ご指導頂きました豊村先生、岡本先生をはじめ大田区剣道連盟の先生方、当日応援に来て頂きました皆様、稽古場所を提供頂きました東競武道館、馬込剣友会の皆様に感謝を申し上げます。
そして、快く(?)稽古及び試合に送り出してくれた妻に感謝します。