●報告:令和元年度田園調布支部昇級審査会(2~6級)

馬込青少対剣道部
宗像慎太郎
6月2日(日)、例年通り田園調布支部級審査会が、馬込文化センターで行われました。全国各地で真夏日を記録した前週とは打って変わって、6月らしいやや蒸し暑い程度の気候で、受験者も立ち合いに集中できたことと思います。
審査会では、74名の申込者全員が、1名も欠けることなく受験しました。会場のご厚意で早く準備を開始できたこともあり、低学年の多い審査会であったにも関わらず、全体としてスムーズに進行し、全員合格で無事定刻通り終了できました。
審査会の後は、合同稽古会を開催しました。併催は当支部初の試みでしたが、主管の洗足少年剣道教室の先生方による適切なプログラム設計・運営と、各道場から元立ちとして参加して下さった皆さんのご協力の下、約50名の参加者がしっかりと基本打ちを学ぶことができました。事故やトラブルが起きることなく、こちらも定刻通り進行し、解散となりました。
反省会には、審査会及び稽古会の運営に携わった各道場の指導者約20名が参加しました。級審査会と合同稽古会の併催は、今後も続けてはどうか、という意見でまとまりました。審査会については、全受験者の立会を2回とすること、立会時間を20秒から延ばすよう配慮すること、という運営側の目標の他、剣道具の着装指導の徹底という、道場側の目標について、主に議論されました。
74名の子どもたちは、昇級の勢いのまま稽古に臨み、大田区大会を目指すものと思います。暑さの中での熱い稽古、子ども達のみならず指導者の皆様も、どうか熱中症にはくれぐれもご注意下さい。審査員および係員の先生方、洗足少年剣道教室の先生方、保護者・指導者の皆様、大変お疲れ様でした。

★広報:令和元年12月号

※下記の画像をクリックしてください。PDFファイルが開きます。

★第72回大田区秋季剣道大会の忘れ物について

●11月17日(日)に大田区総合体育館で開催した「第72回大田区民スポーツ大会秋季剣道大会」で以下の忘れ物がありました。
・竹刀(39)、竹刀(38)
・ハンドタオル 2枚、水筒、女児用ジャンパー、手ぬぐい 2枚、
サポーター 2個、鍵、帽子 他
下記の画像をクリックしてください。PDFファイルで具体的に確認で きます。

●忘れ物に関する問い合わせについては所属団体、支部等を通じて、大田区剣道連盟事務局へお願いします。
●なお、忘れ物は3ヵ月間連盟事務局で保管した後、処分させていただきくことをご承知おきください。